パートをはじめたら、自宅でのお掃除の延長のような業務が多くて気分が下がった話

2022年6月14日

40代 検査や分析の補助の体験談です。月収は約8万円くらい。

保育園が決まったこともあり、働きに出ることが可能になった

パート、副業をはじめようと思ったキッカケや理由

夫の給料だけで生活しようと思えばできますか、子供の塾や習い事の費用を考えると、もう少し収入に余裕があった方が安心だと思い、何か仕事をしたいと思いました。

夫は仕事が忙しいという理由だけではなく、休みの時も、家事・育児の参加には消極的なため、協力を得るのは難しいと考え、正社員ではなくパートならば、家庭との両立がしやすいと思いました。

当時、2歳だった下の子の保育園が決まったこともあり、働きに出ることが可能になったことが一番の理由です。

経験よりも就業時刻を優先

その副業を選んだ理由

結婚前に正社員として働いていた業種とは異なる業務のパートでしたが、学生時代に学んだことに少し関連のある業種がある部署もある会社だったため、興味が湧きました。

実際は違う部署での応募でしたが、業務内容も未経験でもできそうな内容で、特に就業時刻が主婦には理想的な時間だったため、家庭との両立もできると思いました。

結婚前に勤めていた業種の就業時刻では、そのような理想的な時刻ではまず応募がないだろうと予測できたので、経験よりも就業時刻を優先しました。

検査や分析の補助の特徴・仕事内容

検体検査終了後の器具等の洗浄・滅菌、検体の廃棄や、その他の雑務です。

それぞれの器具ごとに決められた洗浄の方法がありますが、覚えてしまうと難なくこなせる業務でした。

ただ、検体の廃棄では、その廃棄物が重く、持ち運びするのが大変でした。

結構な重労働で、毎日続くと、腰を痛めるほどでした。

沢山の雑用を与えられました

その副業に対する不満・グチ、もしくは失敗談など

応募内容に記されていたのは器具の洗浄・滅菌、検体の廃棄・その他雑務でしたが、「その他雑務」が一番厄介でした。

その応募は臨時だったので、雇用期間が数カ月でした。

その数カ月間、その職場の正社員や契約社員たちに、沢山の雑用を与えられました。

通常の業務が終わると、部署内の清掃だけではなく、年末の大掃除にしかやらないような箇所もきれいにするように指示されました。

清掃パートで採用されたならまだ分かりますが、そうではないため、内心納得していませんでした。

これから副業を始めようと思っている主婦の方にアドバイス求人情報の業務内容の欄に、「その他雑務」等記されていたら、面接の際等、どのような雑務があるか担当者に聞いておいた方が良いと思います。

その雑務が自分にとっての許容範囲内のことであれば良いと思いますが、実際雇用されてから想定外の業務が多いと、続けるのも大変だと思います。

未分類

Posted by sasakoma_happy