主婦だった私が一歩踏み出す事を選び失敗成功の経験を重ね沢山の選択肢が増えた話

2022年6月14日

40代 キッチンスタッフの体験談です。月収は65,000円くらい。

もう一度一人の女性として輝いてみたい

パート、副業をはじめようと思ったキッカケや理由

主婦業もそれなりに充実していて何不満なく過ごしていた日々ですが、反面外で働いている女性が凄く輝いて見えた時期がありました。

「私ももう一度一人の女性として輝いてみたい」と思ったのがきっかけです。

自分の小遣いが定期的にあるわけではなく、あともう少し余裕がある暮らしが実現出来たら。。

結婚を機に仕事を辞め、人と関わることが億劫になっていた私は新しいことに挑戦する事を怖がっていたのかもしれません。

でも一歩踏み出す事に迷っていた心はいつの間にか強みに変わっていたような気がします。

カフェや喫茶店で働くことに憧れ

その副業を選んだ理由

その頃はカフェや喫茶店で働くことに憧れがあり、時間をかけてゆっくり探しました。

その頃ちょうど新規オープンで有名某チェーン店の募集がかかっており新規オープンということで大量の人事採用。

スタートはみんな一緒という安心感もあり応募しました。

ここで仕事をしている自分を妄想し、憧れのカフェ、コーヒーの香りがする店内、焼き立てのサンドイッチなど。

考えているだけで心が躍りました。

人に見られる意識をどこかで感じていた私はそういう自分に酔いしれていたのかもしれません。

キッチンスタッフの特徴・仕事内容

お客様から注文いただいたオーダーに対してキッチンで作業するという仕事です。

キッチンには二人のスタッフが入り、その業務内容は単純作業に見えてかなりハードで仕事の範囲が広いということでした。

連携して進めていく必要がありました。

お客様をお待たせして機嫌を損ねてしまった

その副業に対する不満・グチ、もしくは失敗談など

私がこの作業を完璧にこなしていればきっと不満や愚痴はないと思います。

でもその頃の私はできない事を「この仕事の内容が難しく、この仕事が悪い」と一方的に決めつけていました。

他人のせいにすることで正当化したかっただけなのかもしれません。

一番の失敗談はサンドイッチと言っても沢山の種類があり、工程があるのですが、メインであるマヨネーズを塗り忘れ一から工程をやり直していくという。

お客様をお待たせして機嫌を損ねてしまったという。。

これが一番の大失態です。

これから副業を始めようと思っている主婦の方にアドバイス一歩踏み出す事はとても勇気のいる事ですが、年齢関係なく踏み込むことは新しい世界を感じられるチャンスだと思います。

大人になると挑戦する事を拒み腰が引けてしまいますが、失敗した経験も、成功した経験も自分の財産に通じるところがあります。

やるかやらないかの選択肢が自分の中にあるとするならば、挑戦し続ける人生を選択していただきたいです。

未分類

Posted by sasakoma_happy