いつの間にか働き方を変更された

2022年6月15日

30代 飲食業の体験談です。月収は15万くらい。

友人、知人を作るという意味でも、その土地を知ることもできる

パート、副業をはじめようと思ったキッカケや理由

結婚して主人の転勤があり全く知らない土地に引越しをしました。

それまでは正社員で働いていたので結婚したら扶養内で働いてくれ!との主人の希望もあり、また転勤の可能性も数年に一回はあるので正社員をあきらめパートをしようと思いました。

知らない土地だったので友人も誰もいなかったので友人、知人を作るという意味でも、その土地を知ることもできるのではないかと思い、パートがいいのではないかと思いパートで働くことにしました。

オープニングスタッフだったので先輩や意地悪をするような人はいないのではないか

その副業を選んだ理由

オープニングスタッフだったので他のパートやアルバイトの方たちも新人ということで先輩や意地悪をするような人はいないのではないか、シフトは自分の希望通りに叶うと面接のときにも話をされたのでかなり融通がきくのではないかと思い選びました。

またオープンから半年間は時給も100円アップだったので稼働時間が短くても稼ぐことが出来るので残りの時間は自分の自由時間として使えることも理由のひとつでした。

あとはじめての業界だったのでどんな感じかと興味がありました。

飲食業の特徴・仕事内容

飲食店の接客業。

接客業といっても朝は仕込みから、オープンすると食事の調理、客席まで運ぶ、会計、片付け、飲食店でやるべきすべてのことを行っていました。

一年くらいは扶養から抜けて店長業務も行っていたためパート、アルバイトの採用までおこないました。

自分の知らない間に店長にされた

その副業に対する不満・グチ、もしくは失敗談など

はじめの頃は社員さんがいていろいろ融通がきき、休みたいときに休め、時間も決められた時間内で収まっていました。

また扶養内で働くということで収入も扶養内ギリギリで抑えることが出来ていたのですが勤務から1年ほどで社員さんがいなくなり、パート、アルバイトでお店をまわすことに。

当然ながら店長や副店長をたてなければいけなかったのでしょう。

自分の知らない間に店長にされており、店長という立場上、休みも取りづらくなり、また働く時間も伸びていきました。

結果扶養から外れることになってしまい主人にかなり怒られました。

これから副業を始めようと思っている主婦の方にアドバイス

自分はどんな働き方をしたいのかをしっかりと話すことと、慣れてきたからといって社員さんに頼まれたことを全てこなすのはやめたほうがいいと思います。

どんどん仕事量を増やされ働き方を変えなければいけないことになります。

後悔しないでください。

未分類

Posted by sasakoma_happy