好きな仕事を選んだはずなのに、典型的な女社会だった話

2022年6月15日

30代 室内用テーマパークの受付の体験談です。月収は7万円くらい。

自分だけ社会から取り残されているような気持ち

パート、副業をはじめようと思ったキッカケや理由

結婚して専業主婦として家事をしていたが、自分だけ社会から取り残されているような気持ちになり、副業を始めた。

引っ越したばかりだったので、主人としか話す相手がいなかった。

社会に出て、少しでも交流を広げたかった。

主人が稼いでくれた給料で、自分の娯楽に使用するのは申し訳ないと思い、せめて自分の娯楽の為の購入品や、友達と遊びに行く費用等は自分で稼ぎたいと思った。

仕事も家事も同じぐらい頑張りたかったので、正規職員ではなく、パート職員を選んだ。

今まで経験したものを活かせる

その副業を選んだ理由

今まで経験してきた保育関係以外の職場で働きたかった。

子どもが利用する室内用テーマパークだったので、今まで経験したものを活かせるのではないかと感じた。

ちょうどオープニングスタッフとして募集していたので、施設も整っていており、時給も良く、他のスタッフと同じように勤務をスタートすることができると思った。

家から徒歩10分で通勤できるし、近くにいつも行っているスーパーがあったので、勤務後に買い物するのに便利だと感じた。

室内用テーマパークの受付の特徴・仕事内容

入退場する時の受付(施設内の利用方法、料金案内、料金精算、物販販売)施設内の見回り、清掃、用具の修理開店前、閉店後の清掃閉店後の料金締め作業施設内イベントの準備、開催、本部への報告季節に合わせて、施設内の装飾準備

女性には厳しい口調、男性には優しい口調

その副業に対する不満・グチ、もしくは失敗談など

オープニングスタッフ(正規職員、パート職員含む)がずっと偉そうにしていて、その後勤務したスタッフに対して、上から目線で物事を指示するのが嫌だった。

表面上は仲良くしているが、裏では悪口を言っており、その時間も仕事を全くしていなかった。

逆に私達が少しでも話をしていると、注意をされて納得がいかなかった。

女性が多かったこともあり、女性には厳しい口調、男性には優しい口調で教えており、見ていても気持ち悪かった。

これから副業を始めようと思っている主婦の方にアドバイス自分が興味のある仕事を探して、納得できるものに勤務することをお勧めします。

面接時では勤務できる日にちをしっかりと伝えておかないと、上司の勝手な解釈でシフトを多く入れられることがあるので、気をつけた方が良いと思います。

未分類

Posted by sasakoma_happy