簡単に収入を得ることは難しいことですが、やる気をもってやっていくだけ

2022年6月14日

50代 クラウドソーシングの体験談です。月収は5000円くらい。

50代に入っているというのに高卒並みの月収

パート、副業をはじめようと思ったキッカケや理由

自分の好きな仕事であったことが一番ですが、主人が転職を繰り返し、年齢の割には収入が少なく、普通この年で得ている額の半分ほどで、自分でやりくりをすることが私にはできないというほど追い込まれたからです。

あまりにも転職を繰り返し、もう50代に入っているというのに高卒並みの月収で、これからさらに医療費なども増え子供達も結婚していく時期に入るのに、主人は何一つ焦ることもなく、休日には好きなところへ一人で出かけたり、部屋で大の字になっていびきをかいているのを見ると、腹が立って仕方がありません。

どうしてもやりたいという私の気持ちが先行

その副業を選んだ理由

昼間にすでに私自身仕事をしているのですが、それだけではとても追いつかず、以前からパソコンが好きだったので、それを生かせる仕事があると知って、スキルは全くありませんでしたが、どうしてもやりたいという私の気持ちが先行しまして、躊躇なくすぐに登録してしまいました。

何もスキルがなくただ好きなだけで登録してしまったことにあとから焦りもありましたが、もうとにかくやりたいという気持ちには勝てませんでした。

こんなに現在、貧乏よりも貧乏な生活をしている中で、好きなことで収入もあるのだと知って、やらないわけにはいきませんでした。

クラウドソーシングの特徴・仕事内容

みなさんがご存じのクラウドソーシングですので、単純に仕事を受けてこなして納品するという事ですが、全くスキルがなく自己紹介にも何も書くことがないので、どんな仕事から始めれば良いのかも全くわかりませんでした。

登録したものの、こんな私に誰が仕事を任せてくれるのかと自分でも思っていました。

最初の頃は悲惨なものでした

その副業に対する不満・グチ、もしくは失敗談など

年齢も年齢で、パソコンに関わる仕事を今までしたことがありませんでしたが、パソコンが好きなのでどうしてもやりたいという気持ちだけでやっていました。

お互いの言い分を文章だけで言い表すのですが、最初の頃は悲惨なものでした。

「年を取っているのだからこんなことはどうせわからないだろう」など、見え見えな言葉を容赦なく言われて悔しい思いもしましたし、「こうしてほしいのになぜやってくれないんですか?」みたいなこともクライアントさんに言われて、言われていることはわかるけれども、それをどうすればやれるのかがわからないと説明するのが難しく、言葉だけですべてを理解するには限界があるのではと思ったりもしました。

これから副業を始めようと思っている主婦の方にアドバイス時代は変化し続けているし、昭和のようにずっと同じ仕事を長く続けていくことが良いことばかりではないことは、現在ではよく言われることです。

ただあまりにも飽き性であることは、よくありませんが。

今の時代、新しい事に目を向けて知っておくことは、決して損ではありません。

どんなことも頭に入っていれば、いざという時必ず役に立つ日が来ます。

どんなことも無駄だと思わず経験していれば、必ず身を助けることができます。