自分のペースを維持して働くことの大事さ

2022年6月14日

30代 パート事務の体験談です。月収は10万円くらい。

主人の転勤

パート、副業をはじめようと思ったキッカケや理由

子供が幼稚園に入り、預かり保育が可能な環境が整ったこと、これからお金がかかるので、貯蓄額を少しでも増やしていこうと思っていた矢先、主人の転勤が決まりました。

持ち家の為、単身赴任で行くことが決まり、二重生活という重荷が降りかかりました。

会社から単身赴任手当や帰省手当は出るものの、それだけでは都会の物価には合わず、このままでは、貯蓄どころではなくなってしまうこと、家計を助ける目的でパートに出ることにしました。

どの会社にも、事務職は必須

その副業を選んだ理由

以前より事務の経験がありました。

どの会社にも、事務職は必須ですので、どこか口はあるだろうと探しました。

ハローワークや、民間サイトでも、事務職の求人はある程度ありましたが、条件が合わず決めかねていました。

その際、以前努めていた会社の取引先の方から、ご紹介を頂き、こちらの条件を飲んでいただいたこと、これからは、女性(子育てとの両立)も積極的に雇用していきたいのでモデルとしていきたいと聞き、そちらの会社に就職しました。

パート事務の特徴・仕事内容

仕事内容は、多岐に渡りました。

電話受付や受注、クレーム対応、請求書作成などの一般事務、経費や債権管理などの経理事務、人材採用業務、入退手続きや勤怠管理、給与計算の労務管理、契約書や申請書作成などの法務事務。

車両管理や車両や社屋保険関係手続き。

人員を増やしたことで部下の育成。

こなせばこなすほど、どんどん増えていました。

仕事に必死になりすぎて周りが見えていなかった

その副業に対する不満・グチ、もしくは失敗談など

利益主義のベンチャー企業でした。

会社の規模は大きくなり従業員も増えますが、内部管理がおざなりでした。

管理統制は営業所ではなく、本社でするものと、管理部門を発足されました。

メンバーは、パートの私のみ。

そして、私の上司は社長です。

実務業務に加え、秘書的な対応も必須となりました。

とにかく、振り回されました。

1から10、そしてアフターケアもです。

ですが、悩み苦しみながらも自身の手で構築していけることに達成感もありました。

しかし、3年後、私は退職することとなりました。

家庭にも影響が出始め、子供が学校へ行きたくないと言いだしたり、成績が下がるなど、仕事に必死になりすぎて周りが見えていなかったのです。

その矢先、自身が身体を壊してしまいました。

パンクです。

タイヤで言えば、バーストが近いですかね。

これから副業を始めようと思っている主婦の方にアドバイス家事、子育てがあり決まった時間制限の中、その時間を活かし活躍してください。

初めは、欲張らず、短時間や数日でもいいと思います。

自身の身体にも、子供の精神安定にも、ご主人への八つ当たりも、ムリをすれば、どこかに影響がでます。

企業はいくらでもあります。

代わりが効きますが、あなたは、あなた一人です。

未分類事務

Posted by sasakoma_happy