引越しという大金のために副業をやっている話

2022年6月14日

30代 クラウドワークスの体験談です。月収は9000円くらい。

旦那は金遣いが荒く、全く節約していません

パート、副業をはじめようと思ったキッカケや理由

今年の秋に引越しをしなければならず、その費用がうちには全くありません。

そのため、少しでも足しになればいいと思い、クラウドワークスを始めました。

引越しには50万くらい必要になり、全く足りないのですが、多少負担が減ればいいなと思っています。

また、旦那は金遣いが荒く、飲み物を何本も買ったりお菓子も制限せずと、全く節約していません。

仕事に行く時の飲み物も自分で持っていけば月4500円くらい浮くのに、最初の数日だけであとは買うようになっています。

それもあって私が副業を始めました。

スキマ時間を効率よく埋めることができている

その副業を選んだ理由

元々やっていたので再開した、というのが一番の理由です。

国語が得意でタイピングやフリックも早いので、文章を書くのも比較的スピードよくできます。

文章を考えるのも得意なので、あまり悩まずにサクサクと言葉が出てきます。

どんなに長い文章でも30分以内には書き終わります。

簡単な物書きであれば10分しないで書くことができるので、スキマ時間を効率よく埋めることができていると感じます。

色んな副業の中で一番向いていると思いました。

クラウドワークスの特徴・仕事内容

依頼者からアンケートや「こういった記事を募集しています」などという仕事が来るので、それに対して書けるものをやっていきます。

私は基本的にタスクをやっているのですが、コンペやプロジェクトなどで高単価で継続して仕事をすることもできます。

もう少し高単価な案件が多ければいいのに

その副業に対する不満・グチ、もしくは失敗談など

プロジェクトなどの仕事でないと単価が低く、本当にお小遣い稼ぎ程度にしかなりません。

私の場合、一日中暇という訳では無いので、プロジェクトの仕事でも継続できないと感じ、あまり仕事を引き受けないようにしています。

しかし、引越しやそれ以外のお金のためと考えると、プロジェクトなどをやった方がいいのかなとも思います。

自由な時間が少ないから余計に悩んでしまいます。

もう少し高単価な案件が多ければいいのにと思っています。

これから副業を始めようと思っている主婦の方にアドバイス時間があるなら、案件もたくさんあるのでアンケートなどサクッと答えられるものから文章を書くものまで幅広く仕事ができます。

国語が得意ならそんなに難しい仕事ではないと思います。

パソコンがあれば長文も打ちやすいので、尚おすすめです。