まだまだ日本は男性社会…会社選びは慎重に

2022年6月14日

30代 美容師の体験談です。月収は4~7万くらい。

好きなものを買ったり好きなことをしたりすることができないことがストレス

パート、副業をはじめようと思ったキッカケや理由

元々美容師をしており、復帰できるタイミングで戻りたいと思っていた。

子育てで家にこもっている生活もあまり自分には合わなかったし、美容師としてのキャリアを積むためにも早く復帰したかった。

また、夫の収入だけに頼っていると、家庭内でもなんとなくうしろめたい気持ちになったり、好きなものを買ったり好きなことをしたりすることができないことがストレスに感じだから。

子供が運良く保育園に入ることができたので、復帰しよう思った。

もし働ける状況になったら必ず美容師をやろうと考えていた

その副業を選んだ理由

元々、出産直前まで美容師として働いていたから。

美容師の仕事が好きだったので、出産を経てもまた復帰したいと考えていた。

美容師の仕事は技術職であり、流行もあるので、長く離れてしまうと、その後復帰しにくくなる(状況的にも、気持ち的にも)という話も聞いたことがあり、出産を控えていた時期から、もし働ける状況になったら必ず美容師をやろうと考えていたので、他の仕事を考える余地もなく美容師の仕事を選んで探すことにした。

 美容師の特徴・仕事内容

美容師業務全般。

通常、美容師は勤務時間が長いが、パートとして時間に限りはあるけれど、技術者なので通常と変わらずに美容師としての仕事ができる、という募集だった。

勤務時間にカウントされない朝礼や講習会などの参加は自由だった。

女性はこんなに立場が弱くなるのか?

その副業に対する不満・グチ、もしくは失敗談など

パートでも美容師やりたいもんね!限られた時間の中でも、お客様を担当したり、存分に働けるからね!…という最初の対応と違って、暇な日は勤務時間より早めに帰らされる…(子供いるから早く帰れた方がいいでしょ?と口では言うが人件費削減のため)、パートさんがやってくれるから、と掃除、雑用は社員はやらない…など、同じ技術者なのに、女だからパートだから子供いるから…など、女性はこんなに立場が弱くなるのか?と思った。

実際はお客様の予約が入っても、社員優先でパートスタッフが担当させてもらえることは本当にわずか。

だって、勤務時間短いからリピートしても、あなたいないかもしれないでしょ?とのこと…反論できないようなことを言われて、悔しかった。

これから副業を始めようと思っている主婦の方にアドバイスやりたいと思ってやってる仕事で同じ職種を選んでいるはずの同僚も、社長はじめ上司の考え方が、パートや女性を見下してると絶対に働きづらい、我慢することが多い環境になる!やる気があっても、できない状況、チャレンジするチャンスさえ与えてもらえないのは悔しい。

今は男女平等、女性も働きやすく!と言われているが、上司の年齢や性別で、会社の考え方って違うのかもしれない。

未分類

Posted by sasakoma_happy