気楽に在宅ワークを始めてみたらクライアントに振り回されることになった話

2022年6月14日

30代 在宅のライターの体験談です。月収は30000円くらい。

生活は日々かつかつ

パート、副業をはじめようと思ったキッカケや理由

主人の仕事の関係で、田舎町に引っ越したのですが、とにかくパートをするにしてもアルバイトをするにしても、休日が少ない上に職種も少ないし、最低賃金もいいところで、やりたいと思えるような仕事がなかったのです。

しかも車がないと生活もできないようなところで、私には車の免許がなく、もう踏んだり蹴ったりの環境です。

しかも、主人の給料もさほど良くなくて、生活は日々かつかつ。

これは私も何か収入を得ないと買いたいものも買えないと思ったからです。

在宅で少額でもいいので収入を

その副業を選んだ理由

我が家には犬がいるのですが、留守番ができない上にビーグルで鳴き声がとてもうるさい子なんです。

外に出て仕事をしようにも、やりたいと思うような仕事もないし、無理して嫌々最低賃金のところで働いた上に、犬をほったらかしてご近所さんに吠え声で迷惑かけてしまったらどうしよう…そう悩んだ挙句、在宅で少額でもいいので収入を得られないだろうかと考えるようになりました。

そこでアフィリエイトや副業に強い友人に相談したところ、在宅のライターという手があるというような話になって、やってみようと思えるようになった。

 在宅のライターの特徴・仕事内容

クライアントが運営するサイトへの記事の執筆や、サイトそのものへの記事入稿がメインです。

記事内で使用する画像の選択もこちらで行っていますし、見出しや記事の方向性も基本的に任せてもらえているので、気楽にはできます。

クライアントによってネチネチ細かく頭ごなしに注意をしてくる

その副業に対する不満・グチ、もしくは失敗談など

記事執筆については、最初のうちは不慣れなこともあり大変でしたが、慣れてくるとそこまで大変ではなくなってきて、すらすらかけるようにはなるのですが、問題はクライアントによってネチネチ細かく頭ごなしに注意をしてくる人がいたり、こちらの意図しないタイミングで、記事の要望がコロコロ変わったりすることもあったり、とにかくクライアントの人柄によってかなり気を揉みます。

それに継続の契約をしていても、クライアントの都合で全然先に進まないこともあるので、平均的に月にどれくらい稼げるかも不安定。

私はクライアントにも嗜好がそれぞれあるから合わせるのは仕方ないとは思っていますが、相手の都合で採算が遅れたり、入稿記事のチェックが遅れたりして入金も遅れる・契約が不定期になるのが1番ストレスです!

これから副業を始めようと思っている主婦の方にアドバイスもし、ライティングの仕事をしようとしているのであれば、クライアントがパンパンと手際よく契約を進めてくれるか、対応に滞りがないかなどは気をつけていた方が良いと思います。

こちらは時間があるのに、相手の都合でお金が入らないということは多々起こります。

クライアントの人柄って大事ですよ!